• 2022/05/05

マリ・クレールに学ぶビューティーライフ Lesson4

フランス人にとって大切な日課

 
Bonjour ! マリ・クレール パリ特派員の須山佳子です。
パリでマリ・クレールの取材やコーディネーションを始め、美容ブランドの海外展開を専門とするコンサルティング会社を経営し、日本の美容とライフスタイルをセレクトするコンセプトストア「Bijo;(ビジョ;)」を運営しています。このお店はパリの老舗百貨店 ル・ボンマルシェでもコーナー化され、今日本の美容がフランスで人気なのですよ!
これから数回に渡り、パリの現状や美容、食、アートについてご紹介していきたいと思います。
 

 
フランスは3月から交通機関を除いて全面的にマスク着用義務が解除され、飲食店での衛生パスの提示も不要となり、再び経済を盛り上げて行こうと活気に溢れています。4月に入ってからは観光客の数も増え、週末ともなるとカフェのテラス席が埋まる光景がまた見られ始めています!
 

 
冬時間から夏時間に変わり気持ちの良いお天気が続く今日このごろは、昼過ぎになると花が咲き始めた公園に日光浴がてら散歩をしたりランチを食べるパリジャン・パリジェンヌで賑わいます。
 

 
散歩や日光浴はフランス人にとって大切な日課で、日照時間が短い冬に不足したビタミンDを多く摂取することが健康的にも美容にも大切なことを知っているのです。日差しが強いとどうしても木陰に移動する日本人とは違い、積極的に日光のパワーチャージに励むフランス人にとって、夏に向けて健康的に日焼けした肌はステイタスでもあるのです。しかし最近ではあまりにも小麦色に日焼けした肌は老化を促進させるという理解が深まり、日本人を見習ってUVケアを怠らず、しっかりケアをながら綺麗に焼くという女性が増えているのですよ。
 

 
これから夏に向けて、どこまでも済んだ青空が広がる美しいパリの景色と最新のパリ情報をご紹介できればと思います。長い間海外旅行を我慢されてこられた皆さんに、少しでもパリを旅した気分になって頂けたら幸いです。
 

  
次回もぜひ、お楽しみに。
 
 
Lesson5はこちら>>
1分間のBEAUTY LESSON TOP>>
 
 

 

■プロフィール
マリ・クレール パリ特派員
須山佳子 (すやま けいこ)
 
パリ在住21年。マリ・クレールにてファッション、美容、アート、グルメなどのパリ情報を発信する他、日本の美容とライフスタイルを欧州に紹介するコンセプトストア「Bijo;」を主宰。パリの高級老舗百貨店やロンドンのセレクトショップ内にもコーナーを持つ。