• 2022/10/06

After School -放課後のおしゃべりタイム-Lesson12

「SHISEIDO BEAUTY SITE」に行ってきた!【ビューティー部】

 
こんにちは。今回のビューティー部はスキンケアの工場見学です。
大阪府茨木市にある資生堂の工場「SHISEIDO BEAUTY SITE」。こちらの工場で化粧品ができるまでの流れを学んで、ロボットを使ったルームフレグランスの充填・包装ができる「期間限定コース90分」を体験してきました。
 
大阪茨木工場の見学コンセプトは「The journey to beauty」~美をめぐる旅~。ミュージアムやワークショップ、マルシェなどさまざまなエリアを巡りながら、美の秘密や資生堂のモノづくりを学ぶことができるそう。
ではさっそく資生堂の美をめぐる旅の様子をご紹介します。
 

資生堂ビューティーサイトの中に入ると真っ白な空間が広がります。
 

スキンケアの雫をイメージした丸いオブジェのようなイス。意外と座り心地◎。
 

まず最初に「ザ・ジャーニーシアター」で資生堂について学びます。
歴史やこの茨木工場のことなど、短い動画で知ることができました。
 

ここでパスポートがもらえます。
中にはスタンプラリーがあり、スタンプを集めながら進んでいくようです。
 

さっそく1つ目のスタンプをGET。
 

ここから、上の階へ進んでいざ見学スタート。
 
上の階では化粧品の製造工程を見学できるのですが、こちらは撮影NGゾーン。
大きな釜をかきまぜたり、充填エリアや仕上げエリアではあんなことやこんなことが・・・。
いつも見ている商品は機械だけでなく、思った以上に人の手でつくられていました。
 

製造工程を見学したあとは、「ワークショップスクール」へ。
 

「ワークショップスクール」では、ロボットを使ったルームフレグランスの充填と包装作業にチャレンジ!
香りはアクアとローズの2種類から選べます。
アクアはSHISEIDO BEAUTY SITEの香り、ローズは茨木市の花なんですって。
どちらにしようかな~。
 

充填作業はこのロボットにおまかせ。
ボタンを押すと、あっという間に瓶をきれいにして充填してくれます。自動で瓶のフタも閉めてくれるすごい子です。
 

ラベルを書いて完成!
こちらのルームフレグランスはおみやげとして持って帰ることができます。
 

スタンプもGET!
 

続いて、「センサリーテストラボ」へ。
 

「センサリーテストラボ」では官能検査を体験します。実際に「官能パネラー」と呼ばれる品質検査のスペシャリストの方が、製品のわずかな違いをチェックしているそうです。
同じコットンやスポンジを当てる触覚検査、同じ香りを当てる嗅覚検査、20色の色玉をグラデーション順に並べる色覚検査の3つの官能検査にチャレンジ。
 

中でも色覚検査はとにかく難しい!!
「官能パネラー」にはなれそうにもありません・・・。
 

官能検査が終わったら、ここでもスタンプをGET!
 

次は「資生堂ミュージアム」へ。
 

最近のものから懐かしいものまで資生堂の様々なブランドの商品がずらっと飾られています。
見ているだけで楽しい空間です。
 

最後に「ビューティーマルシェ」へ。
 

この丸い筒の下に手を出すと上から美容液が!
エリクシール、アルティミューン、ザ・ギンザ(THE GINZA)の3つの美容液を手もとで試すことができます。
 

楽しかったジャーニーもこちらで終わり。おもしろくてあっという間の90分でした。
こちらの工場見学、なんと無料なので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。
ご予約は公式サイトから>>
※毎月1日に翌々月の予約受付開始
 

見学専用の無料バスも。
 

資生堂のみなさま、ありがとうございました。
次回のビューティー部もおたのしみに。
 
1分間のBEAUTY LESSON TOP>>